保健師のお仕事の好きなトコロ

まあ、今働いていると「いい仕事だな」と思う日も、「どうなの?」と迷う日もあります。

でも、基本的にはこの仕事は好きですね。幸せなことです。

 

特に好きなトコロは・・・

★自分で決めて進められることが多い。

特に個別の相談者への対応など、自分でこうかなと思ったことをアドバイスできたり、ある程度のことは自分で決められます。

でも、その反面、支援は自分の手にかかってるというプレッシャーはありますけど。

あと、健診等の事業がない時の計画は自分でするので、訪問に行くとか事務をやるとか、自分で動きは決められます。

だから、疲れているだろう月曜日はあまりハードな予定にしないとか、プライベートの予定との調整もこっそりしたりできます。

 

★看護師よりも体力的には楽。

やっぱりこの点はぜんぜん違います。

重い相談を受けて心はかなり辛いことはありますが、私はわりとメンタルは強い方みたいですので。

落ちこんでも直ぐ立ち直る、打たれ強い女と言われています。

 

★夜勤がない。週末がお休み。

生活のリズムが整いやすいし、家庭を持った人でも続けやすいですね。

私は看護師の時はほぼ一人暮らしで、乳児院の看護師時代のみ実家暮らしでした。

夜勤は少なかったので何とかやっていけましたが、家族と同居だと、他の家族が活動してる時に仮眠をしなきゃならない時など、ちょっとキツイですよね。

あと、私はお稽古事とかもしたい方なので、勤務が規則的だと通えますし。

シフト制だと、さすがに毎週何曜日はお休みをという希望も出しにくくって、チケット制のようなお稽古事しかできませんでしたもの・・・。

 

★長期的に対象者の変化をみることができる。

病院では患者さんの状態を退院後までみることはできにくいですね。外来では外来の看護

師が担当することになりますし。

市町村保健師は異動もあったりもしますが、同じ市町村の中です。

「地域に住む人」はその方が転居しない限り担当ということになりますので、長期に渡って経過をみる

ことができますね。

一旦本人とのかかわりが途切れても、子どものこと、親の介護のことで再会したりということもあります。

 
 
次の記事:
今の記事:保健師のお仕事の好きなトコロ
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ