看護師のお仕事の残念なトコロ

看護師の仕事の残念なトコロは?

 

★命がかかってる現場はやっぱり重い。

コレにつきますねえ。

急変のドタバタが苦手な私にはココが一番キツかったです。

急変時に活躍するのこそ本望!みたいな人ならいいのでしょうけれどねえ。

あと、目を背けてはいけない尊い場面なのですが、やっぱり人が死んでいくところをみるのは辛いものです。

あの時の気持ち・・・親族が亡くなる時の悲しみとはまた違う、何と言うか悲しさとむなしさと・・・なんとなく「敗北した」というような気持ちでした。

 

★なんだか職場がギスギスしている。先輩が怖い!

これは病院によっても違うのだと思いますが、怖いのなんのってなかったです。

職場で怒って物を投げている人もいましたもの・・・。

やっぱり夜勤のある仕事だと、ホルモンのバランスとかも崩れやすくて、メンタルを病んでる人も多かったです。

 

他には…

★体力的にも立ちっぱなし、歩きっぱなし。夜勤もあるのでキツイ!

これはまあ仕方がないのですが…

腰痛とかで体を壊す人も多々います。また、夜勤のあの雰囲気とかは好きな部分もありましたが、やっぱり人間の生体リズムに反した生活は、そんなに長くするものではないのかなと思いました。

 

まあ、やりがいがある反面、嫌な面も多い仕事ですよね。

世の中いいことばかりというものは何にしたって、あるわけないですね。

 
 
次の記事:
今の記事:看護師のお仕事の残念なトコロ
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ