保健師には子育て経験が必要か?

「子育て経験がないのに子どもに携わるお仕事をする」これって確かに微妙な訳です。

保育士さんなんかもこんな悩みがあるのかな?

でも、対子どもの時間が多い保育士さんに比べ、保健師は対母親の部分が多く、相談を受けたり、アドバイスをすることが主です。

「経験がない人に何が分かるの」という批判は多いかもしれません。

 

でも、私は「経験があることはもちろん素晴らしいし役には立つ」とは思いますが、経験がない分は「知識、想像力、共感する力でカバー」と思っています。

 

私が以前勤めていた病院の総師長さんが言っていました。

「子育て経験がないのに小児科で看護師をするのは自信がない」という人がいるがそれは違う。

子育ての経験があることはプラスにはなるかもしれないが、経験だけで相談に対応していたらそれは「その辺にいるおばさん」と同じ。

根拠のない情報に流せれることだってある。

自分達はしっかりした教育を受けてきた専門科なのだから自信をもって常に科学的・医学的根拠に裏づけられた情報を提供すること。

また、アンテナを高く持って勉強すること。

 

迷う時はそのことを思い出してがんばっています。

あと、文献だけの情報収集でなく、職場なので子育て中のお母さんである同僚や友達から生の声をいろいろ聞いたりしますね。

 

あと、私が思う保健師の仕事に大事な部分は「想像力や共感力」ですね。

相談を受ける時にはその人の気持ちを想像して共感すると、打ち解けてお話をしていただけるように思います。

あんまり入りこみすぎて巻き込まれることには要注意!ですけど。

 
 
次の記事:
今の記事:保健師には子育て経験が必要か?
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ