市町村合併。先陣切って?(その2)

合併してから・・・

その後1年くらいは適応するのにホント、大変だったです。

 

私の勤務する市町村は6つの市町村が対等合併するという形でした。

合併には「対等合併」と「吸収合併」がありますよね。

文字通り「対等な権限で合併」と「大きいところに吸収されるように小さいところは大きいところに従う形で合併」ということです。

私の勤務先は人口規模に格差があるし事実上は「吸収合併」に近かったのですが、住民の反対にも合い対外的には「対等合併」をとっていました。

 

そこが?だったんですよね~

私の異動先は旧市からみると隣町の旧△町だった地域で、旧勤務先を〇市とすると、△町保健センター改め、〇市△町保健センターでした。

 

ここで恐るべきこと知るのです。

旧△町では、住民の皆さんも職員までも「〇市になっちゃった」という感覚で・・・

 

住民の方に「〇市から異動して来ました。」     と言ったら、「それは大本陣ではないですか。

ご自宅は〇市?そうなると通勤費もバカにならないね。△町からだったら安いのに。」と言われる始末・・・。

正直「え~!」と思いました。

 

で、追い討ちをかけるのが一緒に〇市してきた課長。

旧〇市でも煙たがれる細かい人でした。

その課長がバッサバッサと仕事を修正して行き・・・

で旧〇市の状況を私に聞くもんで、私は「課長の仲間」の雰囲気でした。

 

仕事内容も「これでいいのか?」というものも多く、本当に辛かったです。

 
 
次の記事:
今の記事:市町村合併。先陣切って?(その2)
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ