市町村合併。先陣切って?(その1)

前回、市町村合併のお話をしました。

この時期、思い出すと涙ぐましい努力がありました。

市町村職員の方はわかりますよね。

 

私、実は新市誕生の瞬間に異動になった貴重な人なんです。

まさに先陣切って潜入!そんな感じでしたねえ・・・

 

その時、担当の仕事量がかなり多くて、担当の係の職員が次々と病に倒れてお休みしたりもしていたので私はストレスの塊でした。

以前から「人口規模の小さい村や町ってどんな感じなんだろう?」って思っていたこともあり、「合併したら他の町村だったところに異動してみたい!」と思うようになりました。

先輩がたから異動希望を出したって、そう簡単に通るわけないと聞いていたので「じゃあ早めに出しておくか」と出しておきました。

そうしたらびっくり!通ってしまったんですよ!

 

新市になってからのはじめての異動、これが結構手ごわかったです。

自分にとってもはじめての異動だったので、先輩保健師にどのように動けばいいか確認したんですが・・・

それまで見てきた異動になった職員は内示が出たら挨拶に来たりしていたので、行った方がいいか聞いたら、「隣の町に異動したことないからわかんない」との返答・・・?!

 

正直困りました。

でも、とりあえず電話して引継ぎの日を約束して引継ぎしました。

その後の苦労は・・・?

次回へつづく・・・でお願いします。

 
 
次の記事:
今の記事:市町村合併。先陣切って?(その1)
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ