市町村合併。市役所職員として感じたこと。

皆さんがお住まいの市町村では市町村合併はしましたか?

私の働いている市町村では平成18年に市町村合併をしました。

 

合併の前後は業務のすり合わせ等でものすごく大変でした。

市町村の職員にとっては勤務先が合併して、大きくなるという不思議な感覚でしたね。

自分の勤めている会社が合併して別の会社になる・・・そう多くの方が経験することでもないですよねえ。

合併にともなって仕事量が増えただけでなく、これからどんな風になるのかなあ~という不安もありました。

世代によっては市町村合併なんて考えたこともない人もいるでしょうから・・・

 

中には合併により隣の市町村に勤めていた夫婦や親、子どもと思いがけず同じ職場になってしまった・・・という人もいますねえ~

公務員同士の結婚や親族に公務員が多いと子どももその道に進む人が多いので必然的にそうなるのでしょう。

夫婦で共働きという方は結構いますが、親子でしかも親が課長、部長級になってくると、やりにくさがあるようで、定年を待たずして早めに退職される方もいました。

まあ、たしかに「○○部長のお子さん」とかってなると、何となくやりにくいような気がしますよね。

私だったら絶対嫌ですもの・・・

 

合併からもう7年、早いものですねえ~

まだまた旧町村の壁は職員にも住民の皆様にもあるように思います。

でも「平成の大合併」を間近(?)で経験できたことはよかったです。

 
 
次の記事:
今の記事:市町村合併。市役所職員として感じたこと。
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ