市役所職員・日直のこぼれ話(その2)

前回に引き続き市役所の日直のお話です。

日直では一人でお留守番をする訳ですが、こういう時、人を呼ぶタイプ、呼ばないタイプがあるんです。

私はズバリ、ものすご~く呼ぶタイプです。

普段の仕事をしていても私のいる日は検診に人がたくさん来たり、私が担当したしはじめてから担当地区にフォローケースが増えたり・・・ということがあります。

 

日直の日はいつも同じ順番で回されます。なので土曜、日曜、祝日とありますが、その時によって違います。

でも、私の日は結構たくさん来るんですよね。

あと、変わった相談も多いのです。

行方不明の方が出た時などは警察から連絡が来て放送をするのですが、私は何度もしたことがあります。

でも、私よりずっとベテランの先輩も、そんなのしたことないというくらい、それ程頻繁にあることではないのですが・・・。

何ででしょうかね~?

 

あと、こんなこともありました。

 

日直では婚姻届も受理しています。

平日に出す方が多いのですが、何かしら語呂合わせで記念になるような日には休日でも

出す方が多いんです。

たとえば11月22日(いい夫婦)とか7月7日(七夕)とか、あと2012年12月12日とか?

まあそういう日でなくても、平日にお仕事を休めないのか急ぐ理由があるのかわからないけど出しに来る方もいるんですよね。

 

その日、なんと悲しいことに元旦から日直だったのですが、婚姻届が数件だされました。

その他のことでも結構忙しかったので、「元旦からせっせとお仕事なんて悲しい」と思っていたら…。

婚姻届を出したご夫婦が「写真を撮ってください」と。

それ自体はいいのですけど、「何処で撮るう~?」「ポーズは?」というラブラブな話合いがなかなか終わらず…。

結局、電話が鳴っての一旦中断を踏まえて、かなり時間をかけて渾身の一枚を作成しました。

まあ、元旦からおめでたいしいいんですけどね。

「私って元旦から何をやっているんだっけ?」「私のお仕事、なんだったっけ?」と思ったひとときでした。

 
 
次の記事:
今の記事:市役所職員・日直のこぼれ話(その2)
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ