保健師になった理由

私が保健師を理由は本当に不純(?)なものでした。

 

私はとにかく看護師になりたくて短大の看護科に進みました。

看護師になりたかった訳は・・・ひとことで言うと看護師さんへの憧れですね。

 

子どものころは保育士になりたいなあと思っていました。子どもが好きだし、優しくて素敵だし…というような理由です。

で、高校生の頃に進路を考えた時、友人が看護師を目指していたことと、たまたまTVで「看護師の密着24時!」のような番組を見て、いいなあと思ったのです。

で、親に話したところ「看護師なんて大変でお前には無理!」と反対されました。

私はボーっとしてそそっかしい子どもでしたので(今でもですが)、心配だったのだと思います。

ですが、青春時代というのは反対されるとやりたくなるもの。そのまま看護師を目指して進学することができました。

 

看護師はなんだかんだと5年やりました。でも、やはりきつくてきつくて・・・

また、不器用で緊張しちゃうとあせってしまう私は、急変が苦手でした。急変時のドタバタがかなり苦痛になっていました。

また、忙しすぎて医師の診療の補助業務に追われてしまい、自分でやりたい看護ができにくい職場にも不満がありました。

ある日、小児科に勤めていた私は「抱っこしてよ~」と大泣きする子に出会いました。

その時「私だって抱っこしたいのよ!」と思いながらも、点滴をつなげたりする業務に追われてできない自分が悲しくて・・・「私、何やっているのかな」と思ってしまって・・・

 

疲れていたし、「ここらでちょっと休みたい!」そう思った時に思い浮かんだのが保健師学校への進学でした。ちょうどその頃1年制の保健師養成学校(専攻科、専門学校)が4年制の大学に変わり始めていました。

3年生の看護学校や短大で看護を学び、看護師資格のある人は、1年保健師養成学校で学ぶか、4年生大学へ編入し2年学ぶかなんですよね。2年は大変だし、1年制学校があるうちに進学して、保健師を取るのもいいかなあと思ったのです。

進学が理由だと円満に退職できるし・・・そんな不純な動機でした。

そして、看護師をやめ20代後半で進学を決めたのでした。

この仕事をこんなに続けることになるとは・・・今では不思議。でも、我ながらよい選択だったなあと思っています。

 
 
次の記事:
今の記事:保健師になった理由
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ