保健師の研修会は誰のため?

皆さんは自分の仕事のためのお勉強、していますか?

 

私の今の職場は悲しいくらい多いのです。

職場で本当に仕事として時間内に行かせてもらえるものも結構あります。

これはありがたいことだなあ~と思います。

 

でも、我らの地域では「自主的研修会」という「保健師の保健師による保健師のための研修会」があるのです。

保健師の先輩達が発足した会で、そこが事務局となり研修を開催しているものです。

あくまでも「自主的」ですので、仕事のない土日祝日開催で年間6回。

参加費ももちろん自費で年間3万円もかかります。

「自主的」ですので強制ではないのですが、ここで出てくる内容は結構仕事で使うことなので行かないわけにも・・・という感じで。

 

でも土日が潰れるのは正直きついです。

研修以外でも土日にも健康教室、両親学級等々で仕事になることも多いですしね。

 

仕事に使うことなのだから勤務時間内に職場から費用を出してもらって参加する…

その方がいいんじゃないかな~と思うこともあります。

プライベートと仕事の切り替えもできるし。

でも、自分の力量形成のためなのだから自費で当たり前…という考え方もあります。

保健師である「自分自身」のためなのか?

「仕事の質の向上」のためなのだから「職場」のためなのか???

う~ん、どっちもですよね。

 

以前、行った研修で今看護協会の常任理事をされている中板育美さんのお話を聞けましたが、こんなことを言っていました。

「保健師という国家資格を貰ったのだから自己啓発をしなければならない。自分の年収の10分の1は勉強に使うこと!」と。

 

国家資格を持つ者として、日々研鑽していかなければならないのはわかりますが、それならお給料もっと上げて欲しい~!と思ったりしちゃいます。

でも、まあ、より良い保健師に成長したいとは思っているんですけどね。

 
 
次の記事:
今の記事:保健師の研修会は誰のため?
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ