保健師は太れない職業?

6月頃から11月頃までは保健センターの成人検診のシーズン。

最近は6月に終わった「特定健診」のフォロー、「特定保健指導」始まりました。

「特定健診」は俗に言う「メタボ健診」です。

「特定保健指導」とは国で定めた一定の基準にあてはまる人と面接をして減量などの目標と生活習慣を改善する計画を立て、6か月間取り組んでいただき結果を評価する…というものです。

私はちょっと苦手です。

 

誰だって自分の生活の状況を聞かれて「痩せてください」と言われるのは嫌ですよね~

電話でアポを取るのですが、「結構です!」というような冷たい反応も返ってきます。

他に良くある反応としては「太ってたって今はドコも痛くない。我慢して痩せるよりコロリと早死にするからいい。」というようなもの。

う~ん。今の世の中コロリと死なせてもらえないのですよ~と思ってしまいます。

いろいろ気を遣いますよね。なので苦手です。

 

あと最近、由々しき問題だなあ~と思うのは、指導をする保健師、栄養士は「オチオチ太ってはいられない」というコト。

以前、臨時の栄養士さんでこのお仕事をお願いしていた方がいたのですが、その方はぽっちゃりした方でした。肝っ玉母さんのような感じで素敵な方です。

その方がある日「私、特定保健指導だけは簡便して!」と。

保健指導をしていたら対象者のおじ様に「あなたは痩せなくていいのか?」と言われてしまったとのこと。

 

私の職場にもかなり大きい保健師がいますが、今は介護保険の課にいます。

噂では「あの体型では保健指導をする課には異動させられないんじゃないか?」と。

真相はわかりませんけどね。

 

ちなみに私は今、一応標準体重です。

でも、油断は禁物。夏ですし、ちょっとがんばって少し減量しようかな・・・?

 
 
次の記事:
今の記事:保健師は太れない職業?
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ