選挙事務

市町村職員は選挙があるというと大多数の市町村職員の人が「嫌だなあ~」と思うものです。

なぜならば選挙会場の事務をしないといけないのです。

 

選挙に行くと受付などをしている人達がいますよね。

あれは市町村職員なんですよね。

市町村によっては一部をアルバイトで雇うトコロもありますが、大部分は市の職員が行っています。

 

賃金は出ますが貴重な週末がつぶれます。

前日は準備で半日、当日は朝6時30分から21時頃まで投票所に缶詰状態です。

来る人が多いところも大変ですが、少なすぎて暇すぎるのも苦痛です。

私が担当している所はかなり大勢くるので、お昼頃は長蛇の列になってしまうので、

昼食も遅いと15時くらいになっちゃって。トイレにも行きにくい状態です。

で、夏は暑くて冬は寒いんです。

 

で、選挙の時にいつも困ってしまうのが・・・

投票用紙上の性別と見た目の性別が違う人!たまに居るのですよ・・・

 

受付では私の担当の投票所ではパソコンを使ってバーコードで読み取り、投票したかどうかを登録します。投票用紙にも記載がありますが、そこにも男女が表示されます。

 

ご夫婦で投票用紙を間違えて持ってくる場合もありますので、あれっと思ったら「〇〇×子さんですよろしいですか?」と確認するので、「あ、違います!」ということになります。

 

でも、私の担当する投票所では超ミニスカートにきれいなロングヘアで見た目は「女性…だよね?」という感じだけれど、「〇〇×太郎」という名前の方が毎回来るのですよ。

話すと声が男性なのですが・・・

いつもいらっしゃるのでもう「あの方だな」と皆承知しているのですが、はじめはびっくりしました。

でも「〇〇×太郎さんですね」と聞き、「はい」と言われたらそれ以上どうすることもできず・・・隣の人に「いいんですかね???」と聞いたら、「あの人はいつも来るけど男性だからいいんだよ」と。

 

世の中、いろんな人がいるなあ~と実感しました。

でも、きちんと選挙に来るなんて素敵ですよね。

 
 
次の記事:
今の記事:選挙事務
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ