実習にくる看護学生さん

今、看護学生さんが実習に来ています。

県内の看護大学の学生さんです。

皆さん、初々しくて若いっていいなあ~と思います。

 

だいたい年に1回か2回、2週間の日程で1グループ4名くらいで来ます。

学生さんにもいろいろな子がいますねえ~

で、グループによりカラーがあるような…?お互いに影響し合っているのかな?

真面目な子が多いとは思いますが、中には大丈夫??!!というような子もいます。

記録も誤字脱字だらけで、内容もピントがずれてたり、「検診の受診者が待ち時間が長くて困ると言っていた。短くする必要がある。」とか保健センターの批判ばかりを書いてくる・・・なんてこともありました。

あと、カンファレンスで寝ていたり。

毎日の実習、帰ってからも記録に追われているだろうし、疲れているんだとは思うけど、

「どうなのよ!」って思っちゃいますよねえ~

 

昨年の中にはなんと妊婦さんの学生さんがいました。

実習担当の先生が言っていたのですが「実はあの子は妊娠してまして…」と。

たぶんストレートで進学したであろう若い子でしたので、もちろん結婚していないそうですが、最近妊娠がわかったそうで同じグループの他の学生さんには言っていないそうで・・・。

「実習中に何かあってはいけないから保健師さんには言うと言ってありますので、よろしくお願いします。」とのことでしたが…

やはりその子、遅刻はしてくるは、カンファレンス中に居眠りはしてるはで…

そりゃ妊娠初期じゃそうですよね。

 

妊婦さんには理解を示さないといけない職場ですが、複雑です。

ライフステージの中でいつ妊娠するかは個人の自由です。若く妊娠しても母子ともに心も体も健康であればいいのかなと思います。

でも、学びに来ているのにこちらが体調を気遣う必要があるような状況では、どうなのかなあ~と思ってしまいました。

看護職を目指して学ぼうと思って学校に通っているならやはり計画的に…というトコロでしょうか・・・

 

コレも時代による変化でしょうかね?

まあ、私達もそう思われていたのかも…?

 
 
次の記事:
今の記事:実習にくる看護学生さん
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ