保健師ってなあに?

皆さんは保健師って何だか知っていますか?

なんとなく聞いたことがある方もいるとは思いますが、正しく知っていたりイメージできる人は少ないのではないかと思います。

私は「保健師です」と言って「生命保険の外交員ってことですか?」と言われたことがありますから…

 

保健師とは?

以前は「保健婦」と言われていた職業です。以前は女性だけの職業でしたが1993年に男性もなれるようになったこともあり、名称が「保健師」になりました。

保健師助産師看護師法(この業界では保助看法=ホジョカンポウと言います)では「厚生労働大臣の免許を受けて保健師の名称を用いて保健指導に従事することとする者」と定められています。

養成学校で所定の教育を受けた後、保健師国家試験に合格して得られる国家資格です。

 

う~ん。これだけでは全くわからないですよねえ…私の解釈をお伝えすると…

 

保健師は市町村の施設である保健センター、県の施設である保健所、民間の企業、病院等に勤めています。そこで、市町村だったら市町村の住民、保健所だったら県の住民、企業だったらそこの職員、病院だったら患者さんを対象として、その人たちを「より健康にしたり、病気の悪化予防をしたりできるように支援する」のが保健師です。

要するに人が病気になること、悪化するのを予防して「より健康な状態に引き上げる」お仕事だと思っています。

 

私は某田舎のA市の保健師をしています。日々のお仕事は大人や子どもの健診をしたり、その後の指導をしたり、赤ちゃんが生まれた家に行ったり、心の病気の人の家に行ったり、公民館や児童館で健康に関する話をしたり・・・いろいろやっております。

 

保健師の仕事の実態はホントに伝えにくいです。

今後、詳しくお伝えして行きたいと思っています。

 
 
次の記事:
今の記事:保健師ってなあに?
前の記事はありません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ